他の国に比べると日本人のまつげは短いほうとして知られます

日本人がメイクをする際に、欧米人の顔を意識したハーフメイクなどが人気になってきていますが、ハーフメイクをする際に多くの方が力を入れているのがアイメイクです。日本人は欧米人に比べてまつげの本数や毛が短い傾向にあるため、アイメイクをする際にマスカラを使用したり、つけまつげやエクステなどを利用してボリュームアップを行う方が増加中です。

実際に日本人は欧米人と比較してどれくらいまつげの長さや本数に違いがあるかというと、日本人のまつげは平均で6.8mmなのに対して、欧米人は8.1mmと大きな差があります。そして生えている毛の本数に対しては、日本人が片目につき平均で約100本なのに対して、欧米人は片目につき平均で120本と日本人の20%もボリュームが多いです。
さらに若い女性などは、日頃からメイクの際にマスカラを利用したり、まつげを上向きにカールさせるためにもビューラーを多用しているため、目元に負担がかかり切れ毛や毛質が細く弱い状態になっている人が増えてきています。そのため毎日アイメイクを欠かさない人ほど、平均よりもまつげの本数やボリュームが少ない悪循環を起こしてしまうのです。さらに日本人はまつげの角度が外国人と比較しても下向きが多い特徴を持っており、欧米人と比較しても角度は約20度も違うといわれているので、アイメイクをきちんと行わない状態では、毛が短いことや目元の印象はかなりインパクト不足になってしまいます。

エクステやつけまつ毛、マスカラなどを使用してボリュームを出す方法もありますが、最近では自まつ毛を強くするためにトリートメント効果の高い美容液を使用してお手入れをしたり、毛量や毛質を改善する方法として育毛剤を利用する方が増えてきています。美容液や育毛剤によって配合されている有効成分が異なるので、実際に使用してみて自分に適している物を見つけ、出来るだけ長く使い続けることでボリューム不足を改善させることは可能です。

欧米人のまつげの太さや量が日本人と比較してこれだけ違いがあるのには、人種の特徴が大きく影響していると言われています。特に日差しが強い地域や砂の多い地域、乾燥しやすい地域に住んでいる場合外部からの異物が眼球に入り込まないように、ガードするまつげの量が多くなる傾向があるとされ、日本でも沖縄県の人などは、強い紫外線から瞳を守ったり汗が目に入らないようにするためにも、ボリュームが多い人が多いです。