ケアプロストは色素沈着などの副作用がありますから注意しましょう

美しい女性

まつげに使用するだけで、自宅で手軽にまつげの育毛ケアを行うことが出来ると人気が高まっているケアプロストですが、元々は緑内障の治療薬だと使用されている医薬品でもあるので、正しい使い方をきちんと理解しておく必要があります。使用方法を理解せずに間違った使い方をしてしまうと副作用には様々なトラブルを起こしてしまう原因となるので、きちんと事前に使用方法をチェックしておくようにしましょう。

ケアプロストを利用する上で注意したいのが色素沈着の症状です。正しい使用方法として育毛剤をまつげに塗る際には、まつげ全体ではなく根本の部分だけに線を引くようにして少量塗ることが重要になります。しかししっかり効果を得ようとたっぷり塗りすぎてしまうと、育毛剤が目の周りなどの皮膚に付着しやすくなるため、放置してしまうと赤黒くクマのような色素沈着を起こしてしまう可能性があります。人によって色素沈着を起こしやすい人と、しにくい人はいますが、大抵の場合はまつげ以外の部分に塗布してしまうとクマのような状態になってしまうので、使用する際には皮膚にはつかないように念入りに量を調節して丁寧に利用するようにしましょう。もし色素沈着が起こってしまった場合は、その部分を擦らないようにして一度ケアプロストの使用をやめるようにします。そうすると使用をやめて2~3日ほどで消えるので、大切なイベントや用事がある時などはケアプロストの使用を休むのも一つの方法です。もし量が調節するのが難しいという方は、あらかじめワセリンなど油分の強いものを目の周りに塗って保護しておけば、万が一ケアプロストが目元に付着してしまっても弾いてくれるので安心です。

副作用は色素沈着以外にも目の充血や痒みが起こる可能性があります。通常育毛剤を塗布する際には、専用のアプリケーターを利用してまつげの根本に丁寧に塗っていくのですが、目の粘膜に非常に近い部位なので間違って薬剤が目に入ってしまう可能性があります。

ケアプロストは刺激が強い特徴があるので、目にはいってしまうとチクチクとした異物感を感じるといわれ、人によっては赤く充血してしまったりかゆみを感じます。充血も長時間続くことはありませんが、目に負担をかけないためには鏡などを見て丁寧に使用することが大切です。そして元々の緑内障の治療薬としての作用には、目に入ると眼圧が下がってしまう作用があります。緑内障は眼圧が高くなる特徴がありますが、正常の眼圧の方は点眼するのは目に負担をあたえるので、目に入らないように注意しましょう。