まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違いはどういうものかを知っていますか?

女性の目

まつげのボリュームをアップして目元の印象を変えたいと考えている女性は多く、普段からアイメイクに時間をかける方が増えてきています。しかし自前のまつげをカールさせるためにビューラーを利用したり、マスカラや付けまつ毛、まつげエクステなどを使用していると、まつげだけではなく目元の皮膚に負担をかけてしまうリスクが高まることから、アイメイクによるダメージから目元を守るためにもまつげ育毛剤やまつ毛美容液などを利用する方が増加している傾向にあります。ただ、初めて使用する方などは、この2つの正しい違いを理解していない方も多く、適切に利用できていない場合も高いので、自分が希望する美容効果を得るためにも育毛剤と美容液の違いをきちんと知っておくことをおすすめします。まつげ育毛剤とまつ毛美容液の大きな違いは、前者は化粧品と同じようにドラッグストアや薬局などで手軽に購入することができる化粧品であり、後者は医薬品となっているので購入する際には医師の処方箋や、薬剤師の説明を受けないと購入することが出来ません。どちらもまつげに使用することでボリュームアップ効果を得ることが出来ますが、まつ毛美容液の場合まつげ全体にコーティングさせることによって、ダメージを受けてしまった毛のコンディションを整えるトリートメントの役割を持ちます。特に普段アイメイクでビューラーを多用してきた人によって、まつげは挟み込む負荷によりダメージを受けやすくなっているので、美容液をコーティングすることで外部からのダメージから保護する効果を期待することが出来ます。

育毛剤になると頭髪の育毛剤に違い成分が配合されており、貧毛症や毛の生えてくる量が少なく植毛を行っているなど毛が少ない状態を改善する効果を持ちます。使用方法は美容液とは異なり毛全体をコーティングさせるように塗るのではなく、根本の毛根部分に有効成分が浸透するように根本の部分だけ少量を塗布することが特徴です。

育毛効果が高い反面、正しい利用方法をしないと色素沈着や目の充血、かゆみなどの副作用が起こる可能性もあるので、育毛剤は医薬品として正しい使い方をする必要があることも重要なポイントの一つです。ダメージ改善を行いまつげを美しく整えたいなら美容液がおすすめで、まつげの本数を増やしたり、細く弱い毛質を改善したい人にとっては育毛剤が向いています。
この2つの違いをきちんと理解した上で、自分に適したタイプを利用するようにしましょう。